一般皮膚科・小児皮膚科・美容皮膚科

★毎日「女性医師」が診療致します。
★土曜日も診療。
感染防止のためマスクを着用してご来院ください。ない方はタオル、ハンカチなどで代用してください。

にきびしみしわ花粉症アレルギーなどから、おむつかぶれあせも水イボイボなどの赤ちゃん、お子様の皮膚疾患まで、お肌のお悩みをお気軽にご相談ください。

乳幼児、お子様をお連れの方も安心して受診できる、保険診療中心のクリニックです。

アトピー性皮膚炎湿疹円形脱毛白斑乾癬に効果のある光治療器(保険適応)もございます。

  • 東急大井町線・東横線 自由が丘駅 徒歩2分
  • 東急目黒線 奥沢駅 徒歩4分
アクセスマップを詳しく
当クリニックは、各種クレジットカード、キャッシュレス決済に対応しております。⇒詳しくはこちらをご覧ください。
クリニックよりお知らせ

新型コロナウイルス対策のための患者様へのご協力のお願い

感染防止のためマスクを着用してご来院ください。ない方はタオル、ハンカチなどで代用してください。

  • 37℃以上の発熱(水痘などは除外)
  • 臭いがおかしい
  • ●身体がだるい
  • 息があがる
  • 海外など流行地域に滞在した
  • ●コロナの患者さんと接触した
  • 上記が当てはまる方は受診前に保健所に連絡して頂くことがあります。

    ※また、院内での密集を避けるため付き添いの方は最小限の人数をお願いいたします。

    感染拡大防止のためご協力、ご理解をお願いいたします。


    抗インフルエンザ薬の予防投与

    インフルエンザに「絶対かかりたくない」時の切り札

    予防内服は、インフルエンザ患者との接触から48時間以内であれば効果的!

    インフルエンザ予防内服のイナビルの費用

    成人もしくは10歳以上の小児40mgを1回吸入:9,900円(税込)
    10歳未満20mgを1回吸入:7,700円(税込)

    インフルエンザ・風邪予防

    インフルエンザの予防には、インフルエンザワクチン接種が重要ですが、残念ながら、ワクチンを打っていても発症を完全に防げるわけではありません。
    同居する家族がインフルエンザにかかってしまったら、うつるリスクが極めて高くなります。
    そうした緊急事態に検討したいのが抗インフルエンザ薬の予防投与です。
    1回の吸入で10日間効果があるといわれています。

  • 詳しくは「抗インフルエンザ薬の予防投与」のページをご覧ください。
  • 花粉症の注射薬

    ステロイドを一切使わず、ヒスタグロビンを用いてアレルギー症状の緩和・軽快を促します。
    アレルギー症状が出始める約1か月前から治療の開始をおすすめします。

    ●ヒスタグロビン注射 + ノイロトロピン注射

     1回:3,000円(税抜)

  • 詳しくは「花粉症の注射薬」のページをご覧ください。